音声認識を用いた自動字幕作成システム
Captioning System based on Automatic Speech Recognition Technology
KU Logo
京都大学 河原研究室
最終更新: 2020/11/30
本システムは、機器の老朽化のため、2020年11月末でサービスを終了しました。
ご利用ありがとうございました。
概要

本システムは,話し言葉の音声認識技術を用いて,映像や音声から自動的に字幕(の草稿)を作成するものです.現在のところ,対象として学術講演・講義や討論のコンテンツを想定しています.

作成された字幕は,字幕用に設計された本システムのエディタで,オンライン・オフラインで編集することができます.エディタはJavaで実装されているため,様々なプラットフォームで実行できます.

学術発表
報道発表

これまでに以下の学術発表を行っています.

  • 秋田祐哉, 上乃聖、三村正人, 河原達也.
    「音声認識を用いた字幕作成システムの改良」
    情報処理学会研究報告 AAC-9-34, 2019. (情報処理学会電子図書館)
  • 河原達也, 秋田祐哉, 広瀬洋子.
    「自動音声認識を用いた放送大学のオンライン授業に対する字幕付与」
    情報処理学会研究報告 AAC-2-5, 2016. (予稿)
  • 秋田祐哉, 三村正人, 河原達也.
    「音声認識を用いた講義・講演の字幕作成・編集システム」
    情報処理学会研究報告 SLP-108-2, 2015. (情報処理学会電子図書館)

これまでに以下の報道発表を行っています.


問い合わせ先: 京都大学 河原研究室
captionsap.ist.i.kyoto-u.ac.jp
(メールアドレスの一部は画像です)